Snow‼︎Snow‼︎Snow‼︎スキーサロン vol.3





今日はスキーの抜け出す方向についてお話しします。



切り替え編でお伝えした通り、圧を逃さずに次のターンへ移行していくというのはもちろんですが、ターン始動時から良いポジションを確立するためには、スキーの抜け出す方向が重要です。



正確に圧を捉えることができればスキーがたわみ、ターン後半でトップが横に向いてきます。

切り替えでその圧が上に抜けたか、もしくは次につなげることが出来たかを見分けるポイントがこのスキーの抜け出す方向といえます。


スキーが横に向いてきて
切り替え時にスキーがフラットになります。

このあと圧が抜けている場合は、直後にトップが下に向いてしまい、すぐに滑走面側を下にいる人に見せてしまうターン弧となります。
正しく次に重心を運ぶことができれば、内脚の小指側で僅かに重さを感じながら外の脚を伸展させ、長い軸を保ったまま次のターンMAXへと移行して行きます。

このスキーの向きを進行方向へキープしたまま切り替える技術は小回りでも同様で、ターン前半から圧を捉えていくには必要不可欠な動きといえます。


是非ご自身の滑りもチェックしてみてください。

SNOW!! SNOW!! SNOW!!

SAJデモンストレーター ICI石井スポーツ プロスタッフ 吉田 勝大のブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000