雪navi通信

皆さんこんばんは。



今回は僕がブログをお休みしていた期間に取り組んでいた2つのプロジェクトについて2回に分けてお話ししたいと思います。


まず1つめは”雪NAVI通信”というフリーペーパーです。



僕とSNSで繋がっている方々は一度目を通されたかもしれませんが、ここでは深くお話ししていきます。




まず事の発端は僕がオフシーズンにPTAや教育委員会からの委託を受けて行っているセミナーでの経験でした。



このセミナーでは札幌市の小学校を中心に回っており、スキーの初心者やスキーにお悩みを抱えているご家庭・保護者様に向けた内容で、必要最低限の用具の揃え方やちょっとした上達のコツなどをなるべく噛み砕いて分かりやすく説明しています。



特にプロスキーヤーとして6年間活動をさせて頂いている現在では、どうしてもお仕事で触れ合う方々のレベルがエキスパート層に偏ってしまい、僕を呼んで頂ける団体様やプライベートレッスンも”初心者”の方々がいるケースはきわめて少ないのが現状です。



もちろんエキスパート層の方々とももっともっと触れ合ってサポートしていきたいですし、初心者の方からもご依頼頂いて全く差し支えないのですが「プロスキーヤー」や「デモンストレーター」という肩書きは世間一般では全く通用するものではなく、直接以来をして頂ける範囲の方々ではない層の皆様と触れ合えるこのセミナー活動は僕自身も非常に多くの事を学ばせてもらい、大切にしている活動の内の一つなのです。





さて、少し逸れましたが、かれこれ3年近くこのセミナー活動は継続して行っており、そこで僕は思っていた以上にスキーというスポーツに対して不安な印象を持っている方が多いという事実に気づかされました。



その中でも特に多いのはスキー授業に対するお悩みです。




本州の方には馴染みがないかもしれませんが、北海道の小学校では冬の体育の授業でスキーを行うケースが多いです。



しかし、例えば北海道出身ではないご両親はこの”スキー授業”というものがどういった内容なのか経験がないため、お子さんがいざスキー授業にとなっても何から準備すればいいのか全く想像もつかない状況なのです。




スキー場までの距離や時間的な感覚や、用具の揃え方、リフトの乗り方、あるいはスキーウェアの中に何を着ればいいかなど。




北海道出身の方であればなんとなくでも予想できそうなものも全てがお悩みなのです。



こうした現状を少しずつセミナーなどで直接的に解決していくことに僅かな充実感を覚えたのと同時に少しでもスキーを好きになってくれる子供達が増えてくれたらいいなと思う一方で、僕の身体は一つしかないので、直接回れる学校は限られているということへの限界に気づきました。




そこで僕は「自分がその場にいなくても、紙面でパッとみてセミナーと同様の内容を伝えることができればいいのではないか」と考えるようになりました。



しかし、そこにはいくつかのハードルもありました。



・自分はそんな文化人ではないので、文章を作成するライターさんが必要

・みすぼらしい見た目にならないためにはデザイナーさんも必要

・キャッチーなロゴもほしい

・なにより費用が膨大にかかる

・完成したところで小学校に勝手に配っていいのか

などなど




考えれば考えるほど当時の僕の力ではとても手に負えない課題ばかりでした。

ですが一度決めた事をどうしてもやり遂げたい僕は、常にこの事を頭に置きながら2年の時を経ました。



そして今回、たくさんの巡り合わせと様々な方達からのご協力で、

現在プロジェクト遂行中ではありますが、ひとまず発刊できそうな運びとなったのです。




まだ子供達の手元に届けるというゴールにたどり着いていないので、ぬか喜びはできませんが、ここまでに協力してくれた数々の皆様には感謝の気持ちしかございません。




そして、この活動をもっと多くの皆様に知ってほしいという想いから、プロジェクトの一部の資金をクラウドファンディングによって募ることにしました。




すでにご支援頂いてる方々も多くおりまして現在は達成度50%まできました。



期限はあと残り1ヶ月。



なんとか皆様のお力添えを頂いて達成できればと考えておりますので、もしご賛同頂ける方がおられましたらこちらのURLから1口でもご支援頂けますと大変うれしく思います。




クラウドファンディングの宣伝みたいになってしまいましたが、、、、、





そもそもこのクラウドファンディングも前述した通り、「プロジェクトの一部の資金」を募っているわけでして、元々は全てを自己資金で賄うつもりでおりました。



というのも、フリーペーパーの制作はデザイナーさんに依頼しているため、

「資金が調達できましたからお願いします」では時期が全くもって間に合わないのです。



広告や資金を募る前から既に依頼しなければ冬の発刊が不可能となるため、見切り発車とまでは言いませんが、まずは動き出そう!と決めて全てが始まった、という経緯です。



まだまだここですらも語りきれない想いもありますが、今はこのフリーペーパーがたくさんの子供達の手元に届き、一つでも多くの笑顔であふれる事を心から楽しみにしております。





さて長くなりましたが、次回は2つめのプロジェクト「M’s Ski Salon」についてお話ししたいと思います。 


SNOW!! SNOW!! SNOW!!

SAJデモンストレーター ICI石井スポーツ プロスタッフ 吉田 勝大のブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000